できることをできる方法で~ひとり暮らし高齢者への配食活動~

朝日校区朝日地区福祉委員会(大阪府阪南市)

朝日校区朝日地区福祉委員会では、6月に通常ならば、ひとり暮らし高齢者の食事会を開催する予定ですが、コロナの影響で集うことが難しいため、話し合いを重ね、訪問型の配食活動を実施することになりました。

弁当は、業者に発注し、その上に手作りの“のし”を付けました。のしのデザインは、普段からこの地区内の福祉活動に住民として参加している大学生が考えたものです。新型コロナウイルス感染症が一日も早く収束し、皆さんと顔を合わせて微笑みながら食事ができるように思いを込めて、“ほほえみ弁当”と名付けました。

福祉委員が高齢者の方もお弁当をお届けすると、とても喜んでくださいました。朝日地区福祉委員会では、今後もコロナとうまく付き合いながら、「できることをできる方法で」福祉委員会活動を実施していく予定です。

2020.7.20

この記事をシェアする

お問い合わせ先

お問い合わせ