地域のつながりを活用した生活困窮世帯及びひとり親家庭への配食事業と親子農業体験

団体名:あおぞら みんな食堂 みんなカフェ(東京都)

昭島市にある「あおぞら みんな食堂 みんなカフェ」では、地域児童民生委員・自治会役員・市民ボランティアが持つそれぞれのネットワークやTwitterを活用して、お裾分けセットの受け取りを希望する方を募集し、食事が不規則になっている家庭等に配布しました。食材は、フードバンクや地元の方から寄付をいただき、Twitter上で「もらって嬉しいおすそ分け」のアンケートをとって、票数の多かったレトルト食品を赤い羽根の助成金で購入しました。

また、市内の農家の協力により、参加者を募集して親子の農業体験を実施しました。収穫、洗浄した野菜は50か所以上のPTAや児童福祉施設等に提供しました。活動は感染対策のためマスクを着用して行い、少人数で密集を避けるよう安全に配慮しました。

これらの取り組みを通して、辛いときに我慢ばかりでなくお互いに助け合うことで笑顔になれるという体験をすることができました。一方で、昭島市内にも需要があることを知り、行政とつながっていない方々へのアウトリーチ事業の必要性を痛感しました。「困ったのでちょっと助けてほしい」「ありがとう」が当たり前に言える社会を目指して、これからも地道に頑張っていきます。

この記事をシェアする

未来の豊かな“つながり”のための全国アクション主唱団体

お問い合わせ先

お問い合わせ