高校生からの応援メッセージ付き手作りマスクを配布

コープ長田 コープ山手(兵庫県/コープこうべ)

姫路の「兵庫県立こどもの館」からの呼びかけで、高校生たちがマスクを手作りしました。高校生たちが「今だからこそ、誰かの役に立ちたい!」「ひとりでも多くの方に、幸せな気持ちが届きますように」という思いを込めて作ったものです。

「兵庫県立こどもの館」のホームページによると、5月5日(祝)には、コロナ最前線で戦っている兵庫県立尼崎総合医療センター、兵庫県立こども病院、兵庫県警察本部生活安全部少年課などに送られたそうです。

そして、5月26日(火)には、コープ長田とコープ山手にも、「組合員の皆さんにプレゼントしてください」と、合わせて100枚の手作りマスクが届けられました。

世界に一つだけの手作りマスク。一つひとつに「コロナに負けないで」、「今を一緒に乗り越えましょう!」などの手書きのメッセージが添えられています。受け取った組合員の皆さんは、「元気をもらったから、もう少し頑張れる!」と笑顔いっぱいでした。

後日、マスクを受け取った組合員さんから、高校生あてに感謝の思いをつづった葉書が送られました。これまで接点がなかった高校生と組合員のつながりが生まれています。

この記事をシェアする

未来の豊かな“つながり”のための全国アクション主唱団体

お問い合わせ先

お問い合わせ